这首歌是初音和镜音的力作。出自专辑《 花楽里漫葉集 feat.初音ミク》 是首不错的的歌。
歌曲哀伤的声调和雨声融合在一起,缓缓窜高,达到中潮,那感觉干脆利落,毫不拖泥带水,处在缓期时,感觉快窜高了,可是仍为上升,待达到一个高潮时,声起利落,再缓缓下降,又慢慢上升,再次达到高潮,感觉快结束时,又上升,超破高潮,最后缓缓落下。多次重复,却丝毫不让人厌恶。凛子是十分喜欢这首歌的。

词:ひとしずくP
曲:ひとしずくP
编曲:ひとしずくP

儚い言葉ね
「迎えに行くよ・・・待っていて」
時を重ね季節が巡っても、まだ
信じて待ってる

はらり雪が舞う夜空綻びた着物を着て
震える肩を寄せ合う貧しい孤独な幼子

明るく笑う瞳は俯き憂う瞳は
互いの傷を映して生きることを誓った

宵闇に誘うは 花魁草 (おいらんぞう)
甘い蜜に舞う夜の蝶
綺麗な着物なびかせて
乱れて(咲かせて)
誰より輝く華になって魅せる

ねえ、儚い言葉ね
「ずっと、一緒にいようね」
季節が巡って、大人になってもまだ
信じていいの?

あの日から全て、始まった
夕暮れに染まる約束
寂しい心、気付かれぬように
醒めない夢に溺れてる

黄昏に染まる街で人知れずに恋をした
想いを告げることさえ叶わずにただ見つめる

優しく笑う瞳の先に微笑むその華
密やかな恋心は音をたてて崩れた

想い想われが常夜の調べ
色なき闇の幻想よ
“ 愛サレル” のが“ シアワセ” ならば
ワタシは・・・(アナタは・・・)
誰よりずっと幸せなはずなのに

ああ儚い言葉ね
「迎えに行くよ・・・待っていて」
「アイシテイル」と言われる度に
生きる価値、確かめて

「でも、それなら何故今すぐに
攫っていってくれないの・・・?」
込み上げてきた虚しい叫びは
言葉にできず消えていった

夜明けとともに消えてく(偽物の愛の骸)
全てが夢だったなら(泣かないでいられたのに)
「いつまでも待ってるから」(宵闇に誓った約束は)
儚い華とともに消えた

遠い日の夕暮れ約束覚えてる?
「二人で並んで歩こうね」
きっと、いつか

ああ儚く消えてった
可憐な華と初恋よ
季節が巡って大人になっても
治らない傷跡残して

夕暮れの夏の日叶わない約束を今
私は独りたった独りで
宛てもなく待ち続ける

夕暮れに誓ったまま
全てが夢だったなら・・・

音乐推荐